2017年09月07日

【入江旧居の二十四節気】白露

DSC_0807.jpg

DSC_0821.jpg


2017年9月7日は二十四節気の白露です。
朝の道で足元の草の露を見つけると、少しうれしくなります。
朝露は、まるで、透き通った小さな宝石のように見えます。
秋の風は「色なき風」といい、「水澄む」という季語もあります。
まだ暑さもしぶとく残っていますが、それでも、風も川も池も…すべてが一日ごとに透明感を増していくような気がします。
例えば、入江泰吉先生の写真にも、ああ、これは秋の風景だなと確信できるものがあります。
風景が夏の暑さの薄膜をきれいにはがしたように、透き通っているのです。空気感までもレンズでとらえることができた入江先生の作品には、どれも静かな迫力が感じられます。
撮影者の自己アピールはほとんど感じられず、今も同じ場所に行きさえすれば、いつでもその風景に会えるような気がするほど自然なのに。
それはきっと、構想を練り、じっと「その瞬間」を待ち続けた入江先生が「描き上げた風景」であることがほとんどだからでしょう。
7月の没後25年のフォーラムで、白洲信哉さんがおっしゃった「入江さんは、どこにでもある風景を、どこにもない作品にした写真家」という言葉に今改めて肯いています。

   文 倉橋みどり   写真 石井 均
posted by アルカからのお知らせ at 09:41| Comment(0) | 入江旧居

勧進絵本「大きな石のお地蔵さま〜聖林寺」

国宝・十一面観音さまで知られる聖林寺(桜井市)のご本尊さまは、大きな大きなお地蔵様です。今回、このお地蔵様のいわれをまとめた絵本ができました!
当法人理事長倉橋みどりが、解説を書かせていただきました。

「ご住職のお話&サイン会」
9月10日(日) 18時〜19時
啓林堂書店奈良店2階 ギャラリースペースにて
入場無料・申込み不要 先着30人
出版を記念して、ご住職の倉本明佳さんにお話をうかがいます。
倉橋みどりは、聞き手と朗読を担当いたします。
ぜひお越し下さい!

【くわしくは】啓林堂書店 よもやーろ

ehoncol.jpg
posted by アルカからのお知らせ at 09:37| Comment(0) | 文化創造アルカからのお知らせ

2017年08月28日

【お詫び】メールにつきまして

8月上旬より、文化創造アルカのメールアドレス「arcainfo@arca-nara.jp」が不通となっておりました。この期間にいただいたメールは受け取れておりません。大変申し訳ございませんが、お心当たりの方は再送してくださいますようお願い申し上げます。
この度は、事務局の不手際によりご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございませんでした。

   文化創造アルカ事務局
タグ:お知らせ
posted by アルカからのお知らせ at 12:19| Comment(0) | 文化創造アルカからのお知らせ