2018年12月07日

【入江旧居の二十四節気】大雪

DSC_0335.jpg

P1090043.jpg



2018年12月7日は二十四節気の大雪。

入江泰吉旧居で長い間楽しませてくれた紅葉も終わりです。
日差しに映える紅葉も、黄昏時の少し翳りのある紅葉も、
どちらもとても美しいものでした。

紅葉が最高に美しい日。
入江旧居のソファに女性がひとり、座っておられました。
70歳代後半ぐらいでしょうか。
ご案内をしようと話しかけたとき、
その方が泣いておられることに気付きました。

「だめね、もうだいじょうぶかと思ったのだけど・・・」と小さな声でおっしゃるのです。
「何度もここに寄せてもらって、先生や奥様とおしゃべりをして・・・。
ほんとに楽しかったあ・・・・」。

涙をぽろぽろっとこぼしながら、
「ここが公開されるようになったって聞いて、すぐに来たかったんだけど、
少しこわくって。
だって、もう先生も奥様もおられなくなってしまったことが、まだうまくのみこめてなくて。
本当のことなんだって、思い知らされるでしょ」。

以前はこの旧居の近くにお住まいだったそうですが、
いまは引っ越して、奈良県外にお住まいのようです。
今日は、思いきって訪ねてくださったということでした。

「玄関を上がるのに、勇気がいったわ」
ともおっしゃるその人のそばに、
私はただ、うなずきながら、座っていることしかできませんでした。
しばらく静かな時間が過ぎて、
「やっぱり辛かったけど、来てよかったわね」。
自分に言い聞かせるようにおっしゃる顔は、とてもさびしそうに見えました。
「もしかしたら、これで、ここに来られるのも最後かも・・・、わたしももう年だから」。

ゆっくりと
ゆっくりと
小さくなっていく背中を見送りました。

入江泰吉先生が亡くなって26年。
まだまだ、思い出を大切に抱えている方々がおられます。
そういう方々にとって、
施設になってしまった今の旧居を訪れることは、少し辛い面もあるのだと改めて教えられたような気がしました。
写真家としての入江泰吉を称え、語り継ぐ場所であるだけでなく、
ひとりの人間としての入江先生をなつかしみ、奥様を思い出し、
静かに泣くことができる場所でもあり続けたい・・・。

そんなことを思いながら。

   文 倉橋みどり 写真 石井均



posted by アルカからのお知らせ at 08:27| Comment(0) | 入江旧居

2018年11月22日

【入江旧居の二十四節気】小雪

DSC_9814.jpg

DSC_9845.jpg

2018年11月22日は二十四節気の小雪。
奈良は雪ではなく、小雨の朝になりました。
冬の雨に濡れ、
紅葉や黄葉や落ち葉や枯野は、
しっとりと色を深めています。
入江泰吉旧居の、川に添った細長い庭は落ち葉の道。
ふだんは、歩くとカサコソと、乾いた音も立てるのですが、
こんな日は、濡れた落ち葉は無口で、
せせらぎの音がいつもよりよく聞こえてきます。

「水は
さらさらと、さらさらと流れているのでありました」

中原中也の「一つのメルヘン」の一節をふと、思い出すような、
そんな静かな一日になりそうです。

   文・倉橋みどり 撮影・石井均
posted by アルカからのお知らせ at 11:34| Comment(0) | 入江旧居

2018年11月08日

【入江旧居の二十四節気】立冬

45485982_1785859511541676_2780498081525792768_o.jpg


2018年11月7日は立冬。

写真家・入江泰吉が暮らした家の障子は、端正で美しい。
寒くなるにつれ、やわらかくなっていく日差しを浴びると、いっそう美しく見え、障子が冬の季語であることを改めて実感できる。

旧居にこられる外国人観光客は、障子よりも畳をほめる。
先日は、「ぜひ畳を買って帰りたい。どこに行ったら買えるのか」と言い出した。
障子はそれほど目にとまってないようだが、
障子があるおかげで、どれほど室内が明るく清々しい雰囲気になっていることか・・・。
晴れの日も、雨の日も、
よく冷える日も、小春日和の日もーー。

人が実際に暮らしていないせいで、開館以来4度目の冬をむかえたが、まだ貼り替えるほど傷んでいないし、汚れてもいない。
それでも
いつかは旧居の障子の貼り替えをできたら・・・
そんな小さな夢を抱いている。

   文・倉橋みどり/写真・石井 均
posted by アルカからのお知らせ at 12:55| Comment(0) | 入江旧居