2018年12月22日

【入江旧居の二十四節気】冬至

DSC_5383.jpg

P1090073.jpg


2018年12月22日は冬至。
一年で昼の時間がもっとも短い日です。
私たちが生きていく上でなくてならない太陽の力が一年でもっとも弱まる日で、
この日には運に通じるからなのか、「ん」がつく名前のものを食べたり、
柚子湯に入って「ゆうずうが効く」ことを願いとよいといいます。
「ん」がつく食べものというと、「なんきん」。かぼちゃのことです。
わたしの故郷の山口では、かぼちゃと小豆の「いとこ煮」を食べたりしていました。
冬至というと、ある老舗の料亭の方の話を思い出します。
常連さんが冬至の時期に来られるというので、「ん」がつく食べものを盛り込んだ献立を出したところ、
大変喜んでくださったそうです。
縁起がいいと、翌年も、その翌年も・・・と予約を入れてくださるようになり、
うれしいけれど、だんだんネタ切れになりまして・・・、と溜め息をついておられました。
とっさによい案が思いつかず、「マンゴスチン」と答え、呆れた顔をされたような気がします。
入江泰吉先生は、冬至の日は何をめしあがったのでしょうか?
お酒が弱かったことと、ハイカラなもの(例えば、ドンクのフランスパンやデリカテッセンのレバーペースト)がお好きだったことは
聞いていますが、あまり縁起をかつがれたようなエピソードは聞いていません。
そういえば、「まつのはこんぶ」をいつも入江家からいただいた・・・という話を聞いたことがありました。
「こんぶ」も「ん」がつく食べ物。
件の料理長さんに久しぶりに連絡を入れてみましょうか。
奈良を代表する老舗です。
もしかしたら入江先生のお話も聞けるかもしれませんから。

   文 倉橋みどり 写真 石井均


posted by アルカからのお知らせ at 18:14| Comment(0) | 入江旧居
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: