2017年10月09日

【入江旧居の二十四節気】寒露

DSC_0088.jpg

DSC_0632.jpg


2017年10月9日は二十四節気の寒露。
朝晩がぐんと冷え込むようになりました。
さて、入江旧居の庭の横を流れる吉城川をはさんだ向こう岸に、大きな大きな金木犀の木があり、2週間ほどでしょうか、旧居を甘い香りで満たしてくれました。
「わあ、金木犀の香りがよくしますね」
入館者の方とも何度となく会話が弾みました。
2015年春に一般公開が始まり、3回目の秋を迎えた入江旧居。
一昨年前も昨年も、見上げるほどの背丈の金木犀は花を咲かせたいたはずなのに、なぜでしょう。スタッフに聞いても、私自身もあまり印象に残っていません。
あと1か月も過ぎれば紅葉のシーズンが始まります。
今年の色づきはどうでしょうか・・・・・・。
紅葉もまた、昨年とも一昨年前ともまた違う表情を見せてくれるような気がしています。
それがとても楽しみでなりません。

   文 倉橋みどり 写真 石井均
posted by アルカからのお知らせ at 21:20| Comment(0) | 入江旧居
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: