2018年11月22日

【入江旧居の二十四節気】小雪

DSC_9814.jpg

DSC_9845.jpg

2018年11月22日は二十四節気の小雪。
奈良は雪ではなく、小雨の朝になりました。
冬の雨に濡れ、
紅葉や黄葉や落ち葉や枯野は、
しっとりと色を深めています。
入江泰吉旧居の、川に添った細長い庭は落ち葉の道。
ふだんは、歩くとカサコソと、乾いた音も立てるのですが、
こんな日は、濡れた落ち葉は無口で、
せせらぎの音がいつもよりよく聞こえてきます。

「水は
さらさらと、さらさらと流れているのでありました」

中原中也の「一つのメルヘン」の一節をふと、思い出すような、
そんな静かな一日になりそうです。

   文・倉橋みどり 撮影・石井均
posted by アルカからのお知らせ at 11:34| Comment(0) | 入江旧居