2018年06月21日

【入江旧居の二十四節気】夏至

DSC_2237.jpg

P1040615-Edit.jpg


2018年6月21日は夏至。
一年で昼間が一番長い日です。
この日に向かって、日ごとに日が延びていたのが、
夏至を境に、今度は日が短くなっていきます。

二十四節気のめぐりを意識するようになると、
わたしたちの暮らす地球が、
太陽のまわりをぐる〜りぐる〜りと回っていることのありがたさを
感じられるようになります。

わたしたちは生かされている、という思いがじわじわとこみ上げてきます。

夏至の3日目の17日の朝方、
大阪を震源にした大きな地震が起こり、奈良市内も強い揺れを感じました。
幸い、入江旧居に被害などはなかったものの、
お宅から目と花の先にある戒壇堂の多聞天像の宝塔が落下。
大きな損傷はなかったとのことですすが、当初は多聞天像そのものが落下したという情報も流れ、
心配しました。

当たり前のように日が上り、日が沈む。
当たり前のように夏が来て、秋、冬、春・・・と季節がめぐる。
当たり前のように、いま身近に存在してくれている、命あるもの、先人が創ってきたもの・・・・。
よく考えれば、当たり前のものなどひとつもないことに愕然とし、そして、感謝と畏敬の念が湧いてくるのです。

床の間には奥様が書かれた般若心経の軸を好んで掛けておられたという入江先生。
もし生きておられて、阪神淡路大震災、そして、このたびの地震を経験されたら、どんなことを思われ、
また、どんな作品を撮りたいと思われたでしょうか。

余震が断続的に続くなかで、
つい、そんな問いかけが浮かび、
答えを探すように、入江先生の写真集をめくっています。

   文 倉橋みどり 写真 石井均

posted by アルカからのお知らせ at 08:26| Comment(0) | 七十二候