2018年04月20日

【入江旧居の二十四節気】穀雨

unnamed.jpg

unnamed-1.jpg

2018年4月20日からは二十四節気の穀雨です。
入江泰吉旧居では、ちょうど玄関の脇に植えてあるサツキが見ごろです。
このサツキは少し変わっていて、一本の木にピンクと白の二色の花が咲きます。
桃や梅にも時々見かけるのですが、
源氏と平氏の旗色に見立てて、「源平咲き」と呼ぶそうです。
応接間から見える青楓も日ごとに密度を増していくよう。
とりわけ春の雨が上がった後の緑は、洗いたてのような美しさ。まさに「目には青葉」で、いつまでも見ていたくなります。

もうすぐゴールデンウィーク。
たくさんの方に、この美しい季節の旧居にお越しいただけるといいなと思います。

   文 倉橋みどり 写真 石井均


posted by アルカからのお知らせ at 12:34| Comment(0) | 入江旧居

2018年04月05日

【入江旧居の二十四節気】清明

DSC_5305.jpg

DSC_6805.jpg


2017年4月5日は二十四節気の清明です。
今年の春はまるで疾風のようにやってきて、早く咲く品種の枝垂れが咲いたかと思ったら、ソメイヨシノがみるみるうちに満開になり、葉桜に。遅く咲く枝垂れとナラノヤエザクラ、ナラノココノエザクラが追いついてきました。
入江先生は、桜についてこんなふうに語っておられます。

 ほんとういうと、ぼくは吉野はべつとして大和路の桜にはそれほど深い関心はないんです。桜は、あまり奈良、大和とは調和しないんじゃないかという気がするからです。ぼくの考えでは、桜は京都のものですよ。はなやかな桜は、雅やかな京都の風物にこそ似合うんじゃないでしょうか。
(中略)
 そこで京都を雅とすれば、いま見る奈良はわびの世界だと思うんですね。懐古の世界、イメージの世界です。
 そういう奈良に似合う桜というと山桜でしょう。ぼく自身、桜の中では山桜が好きですね。
(「桜随想 歌書よりも軍書に悲し・・・」1980年)

入江先生が奈良によく似合うと思っておられた山桜。旧居の庭には桜の木は一本もありませんが、門を出ると、真正面にはお隣の庭の大きな桜。そして、左手を見れば、東大寺戒壇院の桜が目に飛びこんできます。これはどちらもソメイヨシノですが、先生が「奈良に似合う」と思っておられた山桜も、旧居からも少し歩けば見えてくる若草山に。まるで桜色のスタンプをポン、ポンと押したように咲いています。
庭では桜に追いつかれてしまった椿、馬酔木、木瓜、小さなスミレ、そしてもう、楓の青葉も出てきて。今年の春は本当ににぎやかです。


   文 倉橋みどり 写真 石井 均


posted by アルカからのお知らせ at 23:55| Comment(1) | 入江旧居