2018年03月06日

【入江旧居の二十四節気】啓蟄

DSC_2406.jpg

2018年3月6日は啓蟄。
奈良では、入江泰吉先生も通った東大寺二月堂のお水取りが始まっています。
もともと2月に行われていた法会なので、「修二会」と呼ばれるのですが、明治の改暦で、本行は3月1日から行われるようになりました。
旧暦では、日付は、月の満ち欠けそのもの。
修二会は、毎年新月の闇のなかで始まり、満行のころ、満月を迎えていました。
今年の3月1日は十四夜月。
まんまるのお月様から、行が進むにつれ、少しずつ、少しずつ月が欠けていきます。
局でしばらく聴聞したあとは、二月堂の登廊も裏参道も、ほとんど人気がなくなり、
おたいまつのときの歓声が、まるでずっと前のことに感じられるほど、静まり返っています。
入江先生も、こんな夜道をお帰りになったんだろうか・・・。
そんな想像をしながら見上げる月と星は、一段と輝いて見えます。


   文 倉橋みどり 写真 石井均
posted by アルカからのお知らせ at 23:03| Comment(0) | 入江旧居