2018年01月05日

【入江旧居の二十四節気】小寒

inu7.jpg

unnamed.jpg

DSC_5875.jpg

2018年最初の節気は1月5日からの小寒です。
新年あけましておめでとうございます。
今年は戌年。
入江泰吉先生ご夫妻は相当の愛犬家だったようですので、今回は犬のお話を…。
入江家では、フランツ(マルチーズ)、イチコ(スピッツ)というワンちゃんをかわいがっておられたと聞いています。
確かに、窓辺でくつろぐ入江先生の横にイチコがいるスナップ、光枝夫人がフランツを抱っこしているスナップなども残っていますし、庭にある石仏はワンちゃんたちのお墓だそうです。
現在の入江旧居の違い棚にも、2つの犬の置物があります。
ひとつは、法華寺のお守り犬。
故久我高照ご門跡と入江先生は親交があり、お宅で歓談されたこともあったそうです。
ひとつひとつ手作りされているというお守り犬の表情はなんともいえず愛らしく、ご生前のご門跡の慈愛に満ちたお顔が浮かんできます。
もうひとつは、3つ並んでおかれた伏見人形の犬。
実際は、3つ重ねて水引で結ばれているもので、子供の疳の虫封じによいという言い伝えがあると、何度も旧居に来てくださっている博識の方が教えてくださいました。
こちらは、色使いがとても華やかで、表情もどこかきりっとしてみえます。
入江旧居に来られたときはぜひ、この犬の置物もごらんになってみてください。
何かよいことがあるかも…。ともかくも2018年がみなさまにとって素晴らしい年となりますように。

  文 倉橋みどり  写真 石井均
posted by アルカからのお知らせ at 12:38| Comment(0) | 入江旧居