2017年11月22日

【入江旧居の二十四節気】小雪

DSC_2073.jpg

P1020903.jpg


2017年11月22日は二十四節気の小雪(しょうせつ)。
小雪が舞い始めるころ、という通り、ここのところ急に朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。
「小雪」という言葉をみて思い出すのは、「風花」という季語です。
風に舞う雪のかけらのことを、こんなに美しく呼ぶなんてすてきだなあと思います。
美しい言葉ですから、私も毎年一句詠みたくなりますし、ほかの俳人たちもたくさんの俳句を作ってきました。
その中で異色とも言えるのが坪内捻典さんのこの句です。

風鬼元風紀係よ風花す

風鬼(ふうき)とは風の神様のことであり、仏教用語では、人の心を動揺させるものを風に例え、鬼に例えてこう呼ぶそうです。
今はもう風の神となった元風紀係というのですから、その人はもうこの世の存在ではないでしょうか。
風紀委員をしていた彼か彼女を思い出す作者は風花に包まれています。
もしかしたらその人は作者の初恋の相手なのかもしれませんね。
風花に包まれるとき、ふと時空がねじれるような気持ちになることがあるのは私だけでしょうか。
過去と今とが一瞬交錯する感覚。
ご生前は一度もお会いすることが叶わなかった入江先生や光枝夫人が門をくぐって入っていったような・・・
そんな幻に逢えるのも、風花舞う日の水門町の夕暮れ時です。



   文 倉橋みどり 写真 石井均


posted by アルカからのお知らせ at 16:16| Comment(0) | 入江旧居

2017年11月08日

【入江旧居の二十四節気】立冬

DSC_1547.jpg

DSC_0397.jpg


2017年11月7日は二十四節気の立冬。
冬が始まりました。
入江泰吉旧居の道路に面した垣根は山茶花で、真っ白な花をいくつも咲かせてくれます。今年は少し早い、10月の終わりから一輪、また一輪…と咲き始めました。
旧居は、東大寺戒壇堂と吉城園・依水園というふたつの庭園をつなぐ道路に面していて、いろいろな方が通って行かれます。
先日も、観光客と思しき初老のご夫妻が山茶花に足を止めておられました。
「白い山茶花っていうのもいいものだねえ」
「そうですね。うちのはピンクですものねえ」
「あれもなかなかのものだと思っていたが、こうしてみると、白もよく思えてくるなあ…」
「それにしても、きれいですねえ」
聞くともなく聞こえてきた穏やかな言葉のやり取りに、まるで自分がほめられように心がじわりと温かくなりました。
旧居の一般公開が始まって三度目の冬。
いろいろな出会いがここで生まれ続けています。
先週の日曜日。一枝を切り、入江先生の写真の前に生けました。モノクロ―ムの笑顔に、山茶花の白がひときわ冴えて見えました。

   文 倉橋みどり 写真 石井均
posted by アルカからのお知らせ at 20:29| Comment(0) | 七十二候

2017年11月06日

橘三千代講座申込の締め切りのお知らせ

11月8日(水)に開催します講座「秋の奈良で県犬養橘三千代に思いを寄せる」〜登大路ホテルスペシャルランチと興福寺・天平乾漆群像展拝観〜のお申し込み締め切りは、本日11月6日(月)中です。お考え中の方はお急ぎください!

  事務局
posted by アルカからのお知らせ at 18:09| Comment(0) | 文化創造アルカからのお知らせ